松山油脂 matsuyama

ブランドからさがす
 ● M-mark series エムマークシリーズ
 ● 肌をうるおす保湿スキンケア
 ● 肌にやわらか柔軟スキンケア
 ● 肌を清潔にするメンズシリーズ
 ● LEAF&BOTANICS

 

⇒詳しくはこちら

 

M-mark series / あれこれ加えるのではなく、毎日、そして最後まで気持ちよく使えるための成分だけを配合したのがMマークシリーズです。 ボディケア、ヘアケア、スキンケア、そしてデイリーケアと、毎日の暮らしに欠かせないアイテムを揃えました。子どもから大人まで、年齢や性別を問わず家族みんなで安心して使える暮らしの定番です。

⇒詳しくはこちら

 

肌をうるおす保湿スキンケア / 大人の女性にとって、最も基本的で最も大切な「保湿」に重点を置いたのが「肌をうるおす保湿スキンケア」です。 使った直後にしっとりするのはもちろん、保湿感が長続きする処方で、なめらかに落ち着く大人肌へと導きます。刺激性のある成分はできる限り使わず、敏感な肌への優しい使い心地にもこだわりました。

⇒詳しくはこちら

 

肌にやわらか柔軟スキンケア / 体調によってニキビができる。季節の変わり目に肌が荒れやすい。 そんな、大人の女性の肌の悩みに応えるのが「肌にやわらか柔軟スキンケア」です。 洗顔料で老廃物を落とし、化粧水で角質層をやわらかく保つ。ふたつの薬用化粧品を起点に肌を整え、にきび・肌荒れのしにくい、なめらかに落ち着く肌へと導きます。

⇒詳しくはこちら

 

肌を清潔にするメンズシリーズ / どんなに洗ってもベタつく、カサつく。 不潔と思われていないか気になってしまう。原因や対策を知らないまま、肌のことで悩んでいる男性のために開発したのが「肌を清潔にするメンズシリーズ」。 ウオッシュ&ケアの2ステップで過剰な皮脂(ベタつき)や角質の剥離(カサつき)を抑え、清潔な肌へと導きます。

⇒詳しくはこちら

 

LEAF & BOTANICS / 天然精油(エッセンシャルオイル)やエッセンスなど、植物がもたらす自然の恵みをアイテムの中に取り込んだ「リーフ&ボタニクス」。 素材の力を引き出すよう、原料の組み合わせや配合率に工夫を凝らしました。肌のぬくもりに触れて気化する天然精油。人にはつくれない植物そのものの、ふくよかな香りを楽しめます。


松山油脂は、1908年、石炭商社として創業し、戦後すぐに石けんをつくりはじめました。 当時の石けんは、「汚れが落ちればいい」「泡さえ立てば何でもいい」というものだったようです。 それから50年後の1995年。昔ながらの釜焚き製法で、はじめての「無添加せっけん」をつくりました。 シンプルで、肌にも環境にも優しい。そんな石けんを必要としている方がいるはず、と思ったのです。 それから松山油脂は、釜焚き製法の技術を生かし、透明石けんやボディソープ、シャンプーをつくりました。 さらに、石けんで洗った後に必要な化粧水やクリーム、トリートメントもつくりました。 これらは、肌をすこやかに保つためのもの。そして、使う人が、「自分の肌に合うか」「刺激はないか」と悩みながら選ぶもの。 だから、松山油脂の洗浄料は、すっきりと洗い流せて肌に残りません。スキンケアは肌に欠かせないものだけ、過不足がありません。 誰にとっても安心して使えるものでありたい。「無添加せっけん」をはじめてつくったときと同じまっすぐな気持ちで、今日も製品をつくっています。


安全性と環境性、そして有用性のバランスのとれたモノづくり。 デイリープロダクト(日常品)に求められる品質とは何か。 松山油脂は、安全性と環境性、そして有用性のバランスを満たすことだと考えています。 有用性をしっかり保ちながら、安全性が高く、自然環境にも配慮した製品。 そして、毎日使うたびに楽しくなるような心地よいデザインと、安心して使える価格。 これらを満たす製品を企画・開発・製造してお客様のお手元に届けることが、松山油脂の仕事であると考えます。 同時に松山油脂は、「自分が使いたい」「家族に胸を張って『自分がつくった』と言える製品をつくりたい」という気持ちも大切にしています。 その気持ちは、確かな品質の製品として具現化しています。

 

表示方法 リスト

22の商品

降順
ページ
表示方法 リスト

22の商品

降順
ページ